2017年6月9日金曜日

「外来ネコ問題研究会」会則


「外来ネコ問題研究会」会則

第1条(名称)
本会の名称は、外来ネコ問題研究会(Invasive Cat Research Japan)という。

第2条(事務所)
本会の事務所は、神奈川大学法学部諸坂研究室(17号館509号室) 〒221-8686 神奈川県横浜市神奈川区六角橋3-27-1に置く。

第3条(目的)
本会は、国内外の学会等学術団体、研究者その他専門知識を有する者との情報共有、連携を図りつつ、全国のネコ問題の実態を調査・把握し、かつその解決策を検討し、国及び地方公共団体並びにNPONGO等その他の団体への政策助言・提言、さらには一般社会への普及啓発活動等を行ない、以ってわが国の外来種問題解決及び生物多様性保全に寄与することを目的とする。

第4条(定義)
1 ネコ問題とは、愛玩動物たるネコの不適正飼養に起因する自然生態系への脅威(侵襲・捕食)、人獣共通感染症のリスク、悪臭、騒音等公害その他第三者への迷惑行為をいう。
2 不適正飼養とは、不妊去勢、予防接種等をしていない個体の放し飼い又は5頭以上の多頭飼養をいう。

第5条(入会資格)
1 本会への入会を希望する者は、別に定める入会申込書を本会事務局に提出の上、理事会の承認を得なければならない。
2 会員は、年会費5,000円を当該年度内に支払わなければならない。
3 前項の年会費は、理事会の承認を以って、減額又は免除することができる。
4 年会費を1年を超えて滞納した者は、退会したものとみなす。

第6条(役員)
  本会運営のために、次の役員を置く。
  会 長: 1名
  事務局: 事務局長 1名、事務局員 1名
 理事:若干名
  前項の役員は、次の職務を行なう。
一 会長は、本会を代表して会を総括し、会議を招集し議長を決める。
二 事務局長は、会長を補佐し、会長に事故があった場合にこれを代行する。
三 理事は、本会の運営方針を議決し、及び各種活動に参画する。
3 役員の任期は、1年とする。但し、再任を妨げない。

 第7条(会議)
1 本会は、年1回程度開催する。
2 理事会は、年数回開催する。

第8条(会則の改正)
この会則を改正する場合には、理事会で発議し、承認を得なければならない。  

付則
この会則は、2016年6月9日から施行する。

0 件のコメント:

コメントを投稿